三役挨拶

京都東ライオンズクラブ第55代会長 土井 崇裕

京都東ライオンズクラブ第55代 会長土井 崇裕

 新年度初例会にのぞみ、謹んでご挨拶申し上げます。
この度、歴史と伝統のある京都東ライオンズクラブの第55代会長を拝命し、身に余る光栄と存じます。そして今年度は結成55周年という節目の年にあたり、その重大な責任を痛感し、身が引き締まる思いでございます。もとより浅学非才の若輩でありますが、この1年間、職責を全うできますよう全力を尽くす所存です。
 今年度の会長テーマは「不易流行」と致しました。55周年を迎えるにあたり、我がクラブの伝統や「社会奉仕」、「友愛」というライオンズの基本理念を再認識し、良き伝統をしっかり受け継でいくとともに、今の時代にあった新しい伝統を生みだせるよう活動していきたいと考えております。会長方針を「先人への感謝を忘れず、新たな飛躍への第一歩を」と致しました。
先人が築いてこられた輝かしい歴史に感謝するとともに、55周年の本年度に実りあるアクティビティを実施し、我がクラブがさらに飛躍し、より一層輝きを増した結成60周年へと繋ぐ新たな第一歩を踏み出せるよう、メンバー全員の力を結集し頑張ってまいる所存です。
 この55周年の年が、会員の皆様にとって楽しく、充実した1年となりますよう誠心誠意努めてまいりますので、会員諸兄の皆々様の暖かいご指導とご協力を節にお願い申し上げます。

2016~2017年度 京都東ライオンズクラブ 第55代会長テーマ「不易流行」

「不易」とは、永遠に変わらない伝統や芸術の精神。「流行」とは、新しみを求めて時代とともに変化するもの。
このことから、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものも取り入れていくことを意味します。
我がクラブも結成55周年を迎えますが、この長い歴史の中でライオンズクラブを取り巻く環境は大きく変化しております。我がクラブがさらに結成60周年、70周年と歴史を積み重ねていく上で、今一度、我がクラブの伝統や「社会奉仕」、「友愛」というライオンズの基本理念を再認識し、良き伝統をしっかり受け継いでいくとともに、新しい時代にあったクラブ運営も模索していきます。

京都東ライオンズクラブ 第55代会長方針「先人への感謝を忘れず、新たな飛躍の第一歩を」

結成55周年という節目の年を迎え、先人が築いてこられた輝かしい歴史に感謝するとともに、我がクラブがさらに飛躍し、より一層輝きを増した結成60周年へと繋ぐ新たな第一歩を踏み出せるよう、メンバー全員の力を結集し事業に取り組みます。

クラブ年間努力目標

Ⅰクラブ運営計画
クラブ結成55周年を迎え、55周年記念事業を成功に導くために、メンバー全員の力を結集し事業に取り組みます。
Ⅱ財政計画
会員数の減少を踏まえ、事業費および運営費を精査し、事業費会計と運営費会計のバランスにも配慮し、健全財政に努めます。
Ⅲ例会運営計画
多くのメンバーが参加し、会員同士の親睦を図れる楽しい例会運営を心がけます。
今期はゾーン編成が変更になったことから、新しく加わったクラブとの親睦を図るためゾーン合同薄暮例会を実施します。また、新会員候補者が参加できるオープン例会を前年に引き続き実施します。
Ⅳ会員維持と増強計画
会員数の維持および増強は、クラブ運営をするうえで最も重要な課題です。
会員増強なくしてクラブの成長は無いと言う危機意識を持って、メンバー全員で会員拡大に取り組みます。また、会員相互のやさしさと思いやりをもって会員維持に努めます。
Ⅴアクティビティの実施計画
献血奉仕をはじめ継続するアクティビティを引き続き実施するとともに、55周年記念アクティビティを全員で取り組みます。LCIFへの協力、特に、MJF20名以上の継続、MJF300%クラブ達成を目指します。また、青少年育成にも注力し、ライオンズクエストへの支援を積極的に行います。
京都東ライオンズクラブ第55代幹事 村田 彰信

京都東ライオンズクラブ第55代幹事村田 彰信

 伝統と格式のある京都東ライオンズクラブの第55代幹事を務めさせて頂きます、また55周年と言う節目の年度に幹事を務める事ができ大変有難いと思っております、しかしその反面まだまだ未熟者でもあり周年の重圧に圧し潰されそうになる時もあります。節目の年に幹事を務めさせて頂けるチャンスを活かし周年でしか味わえない事を楽しみながら、普段の例会でも多くのメンバーと一緒に楽しんで頂けるように会長L土井崇裕と共に、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れて行こうと考えております。55周年記念例会が成功します様にメンバー全員が一丸となり頑張りましょう。若輩ものではありますが先輩諸兄の皆様にはこれからもご指導賜ります様に宜しくお願い申し上げます。

京都東ライオンズクラブ第55代会計 佐々木 智一

京都東ライオンズクラブ第55代会計佐々木 智一

 この度、伝統ある京都東ライオンズクラブの第55代会計を仰せつかり大変光栄に感じております。今年度は記念すべき55周年ということもあり、大きな責任をひしひしと感じております。会長L土井崇裕と幹事L村田彰信と共に今までのクラブの伝統を重んじ、新たなチャレンジもしていきながら、皆様に楽しんで頂けるクラブ運営を心掛けたいと思います。微力ではございますが、精一杯、努力精進致しますので、どうか、皆様からのご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。