三役挨拶

京都東ライオンズクラブ第59代会長 北村 隆幸

京都東ライオンズクラブ第59代 会長北村 隆幸

 この度、伝統ある京都東ライオンズクラブの第59代会長を拝命しました。京都東ライオンズクラブの歴史と過去の実績を考えるとその責任の重さに身の引き締まる思いでございます。昨年より、「新型コロナ・ウイルス感染拡大」により、国内は勿論、世界中で大変な状況となっております。まん延防止措置や緊急事態宣言もたびたび発令され、観光産業の恩恵を受けている京都も大きな影響を受けております。京都東ライオンズクラブ会員皆様のご事業並びにご自身やご家族、関係者の方の健康管理にご心労の事と存じます。
 ライオンズクラブ活動も緊急事態宣言下におきましては、活動が困難な状況が続いており、新年度に於いても影響を受けることが予想されます。このような状況に会長職をお引き受けしたからには感染予防に配慮しながら、京都東ライオンズクラブの伝統を繋いでいけるよう会員の皆様と力を合わせて、地域社会のために少しでも役立つ活動を目指してまいる所存です。会員の皆様のご指導とご支援を宜しくお願い申し上げます。

2021~2022年度 京都東ライオンズクラブ 第59代会長テーマ「伝統の継承と新たな創造」

 京都東ライオンズクラブはクラブ結成59周年を迎え、クラブとしての転機を迎えています。昨年より新型コロナ感染拡大の状況下にあり、LCクラブ活動も制限を受ける中ではありますが、LC活動を発展継続させるためには京都東LCの良き伝統を引き継ぎ、今の時代にあった変革を進めていくことが必要です。そのような考えのもと、今年度の会長テーマは「伝統の継承と新たな創造」とさせていただきました。今一度、クラブの理念や伝統を共有し、次世代に引き継ぐために今の時代に合ったやり方も取り入れていく所存です。2023年に迎える結成60周年に向けて、会員が一体となり、今後も発展を続けていけるようなクラブづくりを目指して、努力してまいります。

京都東ライオンズクラブ 第59代会長方針「共存共栄」~ Win-Winの追求~

 ライオンズクラブのモットーは「We Serve (われわれは奉仕する)」であります。
長年続いてきたモットーですので、メンバーの方はいつの間にか受け入れ、身についておられると思います。奉仕活動をやる中で、ライオンズクラブと個人の双方が共に栄えるようにすることは簡単ではありませんが、ライオンズクラブとしてのWinを追求するだけでなく、会員ご自身のWinを求めることで、愉しさや満足感を得られたら、より良い活動になると思います。今年度は活動の中で、ご自身のWinを見つけて頂けるような愉しい活動を目指してまいりたいと思います。

クラブ年間努力目標

Ⅰ クラブ運営計画
来年、クラブ結成60周年を控え、メンバーが一丸となれる事業を行います。
Ⅱ 財政計画
昨今の会員減少により財政は厳しくなっており、事業費、運営費、各経費の見直しにより、健全な財政を維持できるようにします。
Ⅲ 例会運営計画
例会はクラブ運営の要です。魅力的な例会となるように心掛け、学び、愉しい例会を開催する。又、会員同士の親睦を深め。愉しい和やかな雰囲気となるように心掛けます。
Ⅳ 後継者育成
今後のクラブの発展のためには一人一人が役割を認識し、少しでも良いので自分に合った形でのクラブに参加することです。そのために全員が参画意識を持てるような運営を心掛け、次世代を担うメンバーの育成を進めていきます。
Ⅴ 会員維持と増強計画
新型コロナ禍での人と人との関係も希薄になっていますが、会員相互の心と心の繋がりを深められるように心掛け、会員の満足度向上に努力します。
京都東ライオンズクラブに長年在籍されたメンバーがご高齢やご病気のために退会が続いており、その方の関係者を含め、京都東ライオンズクラブの伝統を支えて頂けるような方の入会を勧めます。
Ⅵ 家族会員制度
現在、京都東ライオンズクラブでは家族会員はいませんが、長年活動してきたライオネスクラブが解散となり、その機会に京都東ライオンズクラブとしても家族会員制度の検討、加入の準備を行います。その事により、ライオンズクラブ活動の理解を深め、地域社会に貢献する人材を育てる取組みをいたします。
Ⅶ アクティビティの実施計画
今年度も引続き、LCIF/MJF1000$献金のご協力をお願いします。
継続ACT.について、前年度に引続き実施いたします。金銭ACT.に加え、できるだけ顔の見える形でのACT.を実施し、より関係が深まるような取組みをいたします。
新型コロナ感染拡大で影響を受けている地域社会への奉仕活動を行います。
京都東ライオンズクラブ第59代幹事 立岡 孝信

京都東ライオンズクラブ第59代幹事立岡 孝信

 京都東ライオンズクラブの第59代幹事を務めさせて頂きます。60周年前の大切な時期に大役を任されたこと大変光栄に思っております。しっかり翌年にバトンタッチできるように未熟者ではございますが、これまで築き上げられた歴史と伝統に恥じないよう1年間全力を尽くす覚悟でございます。
 会長L北村隆幸のテ-マ「伝統の継承と新たな創造」並びに方針として「共存共栄」~win- winの追求~のもと クラブ全員で奉仕活動に精進しメンバー同士が和やかに楽しく明るいクラブ運営に務めて参りますのでどうかメンバーの皆々様のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

京都東ライオンズクラブ第59代会計 西村 友彦

京都東ライオンズクラブ第59代会計西村 友彦

 京都東ライオンズクラブに入会させていただいてから2年弱、ライオンズ歴も3年弱の若輩者でありながら、この度、伝統と格式ある京都東ライオンズクラブの第59代会計を拝命し、身に余る重責に押しつぶされる思いでおります。
 務めさせていただく以上は、京都東ライオンズクラブのメンバーの皆様が脈々と受け継いでこられた奉仕の精神や、クラブの伝統をより深く理解し、自らも体得するよい機会を与えていただいたと感謝し、クラブがよりよい活動をしていくことができる一助となるよう、尽力して参る所存です。
 北村会長のテーマ「伝統の継承と新たな創造」を基に、クラブの更なる発展にメンバーの皆様と一丸となって取り組み、会長方針「共存共栄」〜Win−Winの追求〜のとおり、自らも楽しく、そしてクラブにとっても意義ある奉仕活動を行い、来年度に控えた結成60周年によい形でバトンを渡せるよう、一年間務めて参りたいと思いますので、メンバーの皆様からのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。